写真で訪ねる

  • 長浜城と桜

    長浜城歴史博物館

  • 天野川のゲンジボタル

    天野川のゲンジボタル

  • 山頂のお花畑(シモツケソウ)

    伊吹山 山頂のお花畑

  • 成菩提院本堂外観

    成菩提院(本堂)

  • 北国街道

    北国街道(長浜宿)

  • 開花情報
  • 紅葉情報
  • 積雪情報

見所スポットもっと他のテーマを見る

盆梅展どころスポットバナー

長浜盆梅展は、歴史・規模ともに「日本一の盆梅展」。

平成29年で66回目を迎え関西の新春の風物詩として親しまれています。300鉢の中から開花時期に応じ、常時約90鉢を純和風の座敷にずらりと展示します。現在展示中の名を冠す盆梅を紹介します♪紹介する盆梅はどれも見頃を迎えています。紹介した以外の盆梅も数多く展示中です。今しか逢えない盆梅を是非ご覧ください。

 

長浜盆梅展【団体入場予定のお願い】バス乗降所と回送先・待機駐車場について

長浜盆梅展では【団体入場予定のご連絡】をお願い致しております。バスにて盆梅展にお越しの場合、乗降場所【JR長浜駅びわこ口(西口ロータリー)】にて乗降いただき回送のうえバス用Pへ駐車頂きます様お願いします。

第66回長浜盆梅展【入場タリフ】【案内資料PDF版】について

歴史・規模日本一の盆梅展今年度の開催は、平成29年1月7日(土)~3月12日(日)です。

長浜盆梅パスポートご案内2017

1000円で、長浜盆梅展と指定観光スポット4施設の入館と「特典・割引があるお店」にて割引、粗品の提供

長浜盆梅展 【千代の苔 ちよのこけ】

「千代に八千代にさざれ石の巌となりて・・・」の歌詞のように老木であり、さざれ岩と並んで展示することでおなじみの盆梅。

長浜盆梅展 【さざれ岩 さざれいわ】

長浜盆梅展で一番の高さを誇り、不老とともに盆梅展の双璧を成している。

長浜盆梅展 【紅霖 こうりん】

霖は春の長雨を意味し、長く降り続ける春の雨をイメージし命名。長浜盆梅展で最も大きい枝垂れ紅梅。

長浜盆梅展 【昇竜梅 しょうりゅうばい】

天に昇る竜を連想させる形から命名。第1回長浜盆梅展から登場している古参。

長浜盆梅展 【慶雲 けいうん】

会場である慶雲館に因んで命名。吉兆を表す雲をイメージさせる盆梅。

長浜盆梅展 【仁寿 じんじゅ】

論語の「知者楽、仁者寿(知者は人生を楽しみ、仁者は長生きする)」から命名。

長浜盆梅展 【流水 りゅうすい】

水が流れるような柔らかな枝振りをイメージし命名。

長浜盆梅展 【比翼 ひよく】

比翼とは雌雄それぞれ目と翼が一つずつで常に一体となって飛ぶ想像上の鳥。二本の幹が仲良く寄り添いながら伸びる様から命名。

長浜盆梅展 【連理 れんり】

太い幹からたくさんの枝が出ており、白居易の長恨歌「天に在りては願わくは比翼の鳥となり、地に在りては願わくは連理の枝とならん」という一説から命名。

長浜盆梅展 【鶴舞 かくぶ】

鶴が舞っているような姿から命名。

長浜盆梅展 【妙照 みょうしょう】

大きく横に流れる枝振りが、女性の姿を思い浮かべさせてくれるところから命名。

長浜盆梅展 【比夜叉 ひやしゃ】

三島池に伝わる比夜叉姫伝説に因んで寄贈者が命名。枯れ朽ちた幹と花の可憐さが魅力の盆梅。

長浜盆梅展 【麗仙 れいせん】

麗人が天に昇っていく様から命名。空洞になった幹がより一層古さを感じさせてくれる。

  • 滋賀県観光情報
  • 公益社団法人 彦根観光協会
  • 公益社団法人 びわ湖高島観光協会

ページトップへ