だいつうじあせびてん
第29回 大通寺馬酔木(あせび)展

「馬酔木(あせび)展」は、大通寺の境内で行われる盆栽展です。

馬酔木は毒性があり、馬が葉を食べると麻痺するといわれていますが、その花は可憐で、鈴蘭に似た壺型の小花を房状につけます。

馬酔木の盆栽の中には、幹の直径は20cm以上、高さ2m以上、樹齢約300年以上という古木もあります 。

寺では毎年、赤、白、ピンクの約30鉢の馬酔木が、見る人を楽しませてくれます。 馬酔木の盆栽展は、全国的にも例がない珍しい展示会です。

 

開催期間
2017年2月11日(土)~2017年4月16日(日)
場所
長浜御坊大通寺 長浜市元浜町32-9
アクセス
[公共交通]
JR長浜駅下車徒歩15分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICから15分
[駐車場]
付近の有料駐車場を御利用ください
営業時間
9:00~16:30
定休日
会期中無休
料金
高校生以上500円 、中学生100円、小学生以下は無料
20名以上で団体割引あり
その他
最新情報(開催内容・施設情報・料金等)は直接ご確認ください
URL
http://www.daitsuji.or.jp/daitsuji
お問い合わせ先
長浜御坊大通寺
TEL
0749-62-0054
パンフレットダウンロード
大通寺あせび展<表>
ダウンロード
大通寺あせび展<裏>
ダウンロード
関連するスポット情報

長浜盆梅展
長浜盆梅展は昭和27年(1952)からはじまり、平成29年で66回目を迎え、歴史・規模ともに「日本一の盆梅展」、関西の新春の風物詩として親しまれています。

大通寺
真宗大谷派の長浜別院。伏見城の遺構と伝えられる本堂や大広間の他、円山応挙、狩野山楽らの襖絵、国名勝指定の庭園が有名。

ページトップへ