だい35かいながはまひなわじゅうたいかい
第35回長浜火縄銃大会

種子島に鉄砲が伝来した翌年の1544年、国友で鉄砲の製造が始まったと伝わります。

国友は戦国時代、信長、秀吉、家康などの庇護を受け、大坂の堺とならぶ鉄砲の産地として栄えました。しかし、太平の世が続くと鉄砲の需要は激減し、鉄砲鍛冶たちはその技術を金工彫刻や花火に生かしました。

昭和58年、長浜城の再興を記念し第1回長浜出世まつりで国友・種子島・堺の合同火縄銃演武が行われました。

以後長浜市と西之表市は交流を深め友好都市となり、現在は国友、種子島に加え彦根と堺の鉄砲隊による火縄銃大会が行われています。

 

開催期間
2018年10月13日(土)
場所
長浜城歴史博物館前広場 滋賀県長浜市公園町10-10
アクセス
[公共交通]
JR長浜駅から徒歩8分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICから15分
[駐車場]
豊公園大駐車場(有料)利用
営業時間
10:30~12:00
その他
最新情報(開催内容・施設情報・料金等)は直接ご確認ください
URL
http://kitabiwako.jp/syusse/hinawa/
お問い合わせ先
長浜市観光振興課
TEL
0749-65-6521
FAX
0749-64-0396
関連するスポット情報

長浜城歴史博物館
秀吉と長浜に関する資料の他、小堀遠州の美の世界、国友鉄砲、織物などの長浜の文化を紹介する歴史博物館。

国友鉄砲の里資料館
国友の鉄砲の伝来の歴史・文化や、日本のエジソンと呼ばれた天才発明家・国友一貫斎の業績等を展示紹介。

豊公園
春にはソメイヨシノを中心に約600本の桜が一斉に咲き誇ります。「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

国友一貫齋藤兵衛顕彰碑
東洋のエジソンと言われる国友一貫齋藤兵衛の顕彰碑

ページトップへ