いざ!せきがはら いしだみつなりおうえんすたんぷらりー
いざ!関ヶ原『石田三成応援スタンプラリー』

豊臣家に忠義を尽くし、戦国随一の智将と謳われた石田三成。1600年に起こった天下分け目の大戦「関ヶ原」で熱く盛り上がる2017年の夏、三成ゆかりの地・長浜市、米原市、彦根市で『石田三成応援スタンプラリー』を実施します!

今年は“関ケ原”を戦う三成を応援して、西軍に勝利を!!


石田三成応援スタンプラリー

期間:2017年7月22日(土)~11月6日(日)

内容:長浜市、米原市、彦根市と岐阜県関ケ原町に設置されたスタンプラリー全6箇所のうち4箇所(長浜市内2箇所のうち1箇所、彦根市2箇所のうち1箇所、米原市1箇所、関ケ原町1箇所)を巡り、指定の引換場所に行くと、もれなく『三成めしご利用券(500円分)』をプレゼント!

参加:参加費無料(※お1人様1枚限り)

 

※7月22日(土)から『石田三成応援スタンプラリー特設サイト(http://kitabiwako.jp/mitsunari/)』が開設します!

開催期間
2017年7月22日(土)~2017年11月6日(月)
場所
長浜市・米原市・彦根市・関ケ原町 米原市朝日1342
料金
スタンプラリー参加無料
その他
最新情報(開催内容・施設情報・料金等)は直接ご確認ください
URL
http://kitabiwako.jp/mitsunari/
お問い合わせ先
長浜市観光振興課
TEL
0749-65-6521
FAX
0749-64-0396
パンフレットダウンロード
スタンプラリー(表裏面)
ダウンロード
スタンプラリー(中面)
ダウンロード
関連するスポット情報

三成めし
戦国随一の智将・石田三成公。ゆかりの地・近江で三成公にちなんだ「三成めし」が登場しました!

長浜市観光PRキャラクター「三成くん」
長浜市の観光PRキャラクター「三成くん」なり!

大原観音寺【日本古寺百選 石田三成と羽柴秀吉の出会いの地】
石田三成と羽柴秀吉の出会いの地。鷹狩りで立ち寄った秀吉を三成が「三献の茶」でもてなした逸話が残ります。

石田三成出生地(石田町)
戦国の武将・石田三成が生まれた町。石田家屋敷跡には、「石田治部少輔出生地」と刻まれた顕彰碑や、屋敷跡近くには産湯の井戸があります。

三成タクシー
石田三成ゆかりの地をガイド付きで巡る観光タクシーです

法華寺跡(石田三成母の故郷)
関ヶ原の合戦に敗れた三成は、古橋山中に匿われましたが、徳川方の追及厳しく、村人に難儀が及ぶのをはばかり、自ら捕縛され京三条河原で生涯を閉じました。当地では、三成の善政を慕い、代々三成の遺徳が語り継がれています。

三成が暮らした 長浜城
長浜城は、秀吉が最初に築いた居城。石田三成と秀吉の出会いは、秀吉が長浜城主になった頃だと考えられています。

大蛇(おとち)の岩窟と石田ヶ洞(石田三成が再起をかけた道)
関ヶ原合戦で敗北した石田三成が再起をかけて逃れ、村の農民に匿われた洞穴。

三成も重視した技術 国友鉄砲の里
国友は大坂の堺とならぶ鉄砲(火縄銃)の産地として栄え、三成ら戦国武将の注文を受けていました。

三成十三カ条の掟が残る 成菩提院
信長、秀吉などの武将が宿営した記録や「石田三成十三ヶ条成菩提院村掟」がのこされている

佐和山城の陣鐘が残る 龍譚寺(彦根市)
井伊家の佐和山入封に伴い、遠江から移ってきた寺院。佐和山城の陣鐘が遺されており、三成の屋敷で使われていた板戸は今も使用されている。

三成の居城 佐和山城跡(彦根市)
「三成に過ぎたるものがふたつあり、島の左近と佐和山城」と後世に形容される山城。建造物の一部は、彦根城に移築されました。

三成VS家康~天下分け目の関ヶ原
石田三成率いる西軍と徳川家康を総大将とする東軍が繰り広げた、戦国最大ともいわれる天下分け目の戦「関ケ原の戦い」。

三成の盟友 大谷吉継の首塚
関ヶ原の合戦で自害した石田三成の盟友・大谷吉継の首塚と伝わっています。

ページトップへ