ひきやまをいろどるえしたちながはまのきょしょうにほんがのびさいはっけん
曳山を彩る絵師たち 長浜の巨匠 ―日本画の美 再発見!―長浜市曳山博物館

◆曳山を彩る絵師たち  長浜の巨匠 ―日本画の美 再発見!─

曳山を彩る絵師の一人であり、来年の祭りに出場する高砂山と鳳凰山の舞台障子絵を描いた山縣(大塚)岐鳳(1776-1847)について紹介。仏画や大和絵、龍や山水を描いた水墨画といった幅広い画業をみせる岐鳳作品を通じ、日本美術の魅力についてふりかえる。

 

展示説明会 10月28日(土)13:30〜

開催期間
2017年10月7日(土)~2017年11月12日(日)
場所
長浜市曳山博物館  滋賀県長浜市元浜町14−8
アクセス
[公共交通]
JR琵琶湖線「長浜駅」徒歩7分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICより10
[駐車場]
長浜駅周辺に多数あり
営業時間
9:00~17:00
入館は16:30まで
定休日
会期中無休
料金
大人600円・小中学生300円
但し長浜市・米原市の小中学生は無料
長浜市内在住の高校生無料(10月31日(火)まで)
URL
http://www.nagahama-hikiyama.or.jp/
お問い合わせ先
曳山博物館
TEL
0749-65-3300
FAX
0749-65-3440
関連するスポット情報

曳山博物館
曳山博物館は、本物の曳山を常時2基公開しており、スクリーンで祭りの臨場感が体験。

長浜曳山まつり 鳳凰山(山車)
曳山本体・亭ともに文政12年(1829)の作であり、見送り幕は16世紀のベルギー製で重要文化財です。

長浜曳山まつり 高砂山(山車)
曳山本体は延享2年(1745)の修理記録があり、それ以前の建造とされる長浜最古の曳山です。

ページトップへ