けいうんかん・びわこきせん130しゅうねんきかくてん
慶雲館・琵琶湖汽船130周年企画展

〜慶雲館130周年・琵琶湖汽船(鉄道連絡線)130(135)周年・旧長浜駅舎135周年の軌跡を見る企画展〜

2017年10月21日(土)~2017年12月3日(日)開催

企画展1 「明治の風格 慶雲館。そして文化の拠点に!」

企画展2 「鉄道連絡線。 そして日本最初の観光船に!」

 

明治20年(1887)、明治天皇の京都行幸の際、長浜での休憩所として慶雲館が建てられました。今年は130周年を記念して、歴史を振り返る企画展を開催。また、同じく130周年を迎える琵琶湖汽船の歴史をポスターで振り返ります。

(注)企画展中は、大人料金500円、小中学生200円です。

浪漫パスポートにて入場の場合、追加で200円が必要(大人のみ)

 

◎同時開催

長浜鉄道スクエア企画展「今に生きる歴史的駅舎写真展」(〜12月28日まで)

 

開催期間
2017年10月21日(土)~2017年12月3日(日)
場所
慶雲館 長浜市港町2−5
アクセス
[公共交通]
JR琵琶湖線「長浜駅」徒歩3分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICより15分
[駐車場]
周辺に有料駐車場あり
営業時間
9:30~17:00
定休日
会期中無休
料金
大人500円・小中学生200円
浪漫パスポート利用の場合、プラス200円(大人のみ)
URL
http://kitabiwako.jp/keiunkan/
お問い合わせ先
慶雲館
TEL
0749-62-0740
関連するスポット情報

長浜浪漫パスポート2017
1000円で、15の指定観光スポットの中から5施設の入館と「特典・割引があるお店市内40店舗」で割引、記念品などのサービスがうけられます。

長浜鉄道スクエア
旧長浜駅舎は、現存する日本最古の駅舎。館内には鉄道模型運転コーナーを設置。貴重な鉄道資料やSL機関車を展示。

慶雲館
長浜の豪商が建てた明治天皇の御休憩所。当時の総理大臣・伊藤博文が命名し、長浜の迎賓館として使用。冬季は盆梅展会場。

ページトップへ