見所スポット

古来より淡海(近江)として親しまれ、母なる湖・琵琶湖や豊かな山々とともに、歴史を築きあげてきた湖北には、さまざまな見どころが満載です。 その中から、重要文化的景観として選定されている菅浦の湖岸集落や東草野の山村景観、また、パワースポットとしても人気が高い竹生島、さらに、江戸時代の五街道のひとつであり江戸と京都を結んだ「中山道」、北陸と京阪神を結んだ「北国街道」をご紹介します☆ 奥深き魅力をもとめて、自然豊かな湖北へでかけてみませんか♪    
【日本遺産】東草野の山村景観
【日本遺産認定】姉川上流に位置し、田園風景が美しい山村集落です。独自の住宅や生業、水利用を見ることができます。
菅浦の湖岸集落(重要文化的景観)
奥琵琶湖に残る日本の原風景は、まるで北欧のフィヨルドのような美しさ。
竹生島【日本の秘境百選/古寺百景】
神が住む島・竹生島。島内には神仏が習合し、「神が住む島」と湖国の民に千年以上も愛されています。
北国街道 木之本宿
北国街道と北国脇往還が交わる宿場町で、旅人と木之本のお地蔵さんの参拝客で賑わいました。
北国街道長浜宿
琵琶湖の北東岸を北上する北国街道の宿駅として、また湖上交通の要として栄えた町です。
中山道 柏原宿
中山道の宿場町。街道沿いは軒の低い2階建の家が面影を伝えています。伊吹もぐさの産地として有名です。

ページトップへ