見所スポット

祝・ユネスコ無形文化遺産登録 「長浜曳山祭」は毎年4月9日~16日に、長浜八幡宮の春の例祭に合わせ執行され13日~16日は、絢爛豪華な山車「曳山」が登場し、その舞台の上で「子ども歌舞伎」が演じられます。 曳山は【長刀山】と「子ども歌舞伎」が演じられる12基とあわせて13基あり、毎年【長刀山】と12基のうち4基が交替で出番山となり「子ども歌舞伎」を奉納しています。  

お問い合わせ:長浜市観光振興課(0749-65-6521)  

曳山交替式(4月第1土曜日)
出番の曳山が山蔵に戻り、次年度出番の曳山が博物館に入ります
線香番(4月9日)
4月9日總当番が各山組の稽古場を訪問。狂言の時間をはかります
裸参り(4月9日~12日)
午後8時頃から、若衆が役者の健康と狂言奉納のくじ順を祈願します
神輿渡御(4月12日)
夕方、長浜八幡宮から御旅所へ神輿が出発。15日まで神輿は御旅所にあります
御幣迎え(4月13日)
午前7時、曳山に飾る神移しをした御幣を長浜八幡宮まで迎えに行く儀式です
籤取り式(4月13日)
出番山の順番を決めるため、籤取り人が、午後1時に長浜八幡宮で籤を引きます
登り山(4月14日)
昼過ぎから子ども役者を乗せた曳山が、4番山から順に長浜八幡宮の境内に入ります。
夕渡り(4月14日)
午後7時、長浜八幡宮から曳山博物館まで子供役者が舞台衣装で行列します。
朝渡り(4月15日)
午前8時頃、舞台衣装の子ども役者が夕渡りとは逆の順路で八幡宮へと歩きます。
太刀渡り(4月15日)
力士に先導され、甲冑姿で長い太刀を持つ子供武者たちの行列。長浜曳山祭の始まりとされています
子ども歌舞伎(4月13日~16日)
長浜八幡宮でくじ順に4つの山組が狂言を奉納します。その後参道や御旅所で上演します
神輿還御(4月15日)
御旅所で子ども狂言が終わると、神輿が八幡宮へ帰っていきます
戻り山(4月15日)
神輿が帰ると、長刀組を先頭に曳山が順番に御旅所から各町内へと戻ります
御幣返し(4月17日)
16日に各山組で子ども狂言を演じた後、17日朝、御幣を各山組から八幡宮へ返します

ページトップへ