拝観スポット
  • 西浅井エリア
  • 余呉エリア
  • 木之本エリア
  • 高月エリア
  • 湖北エリア
  • 長浜エリア
  • 米原エリア
  • 善隆寺(和蔵堂) 十一面観音立像
    重要文化財の十一面観音立像は、平安時代後期の作で、頭上に頂上仏面と十の化仏を配し、天冠台をつけています。地髪部を平彫りとし、髪束一筋が耳を亘っています。耳朶は環状とせず、首に三道をあらわします。
    35.520812,136.121764
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  • 大浦腹帯観音堂 十一面観音立像(腹帯観音)
    十一面観音立像は、平安時代後期の作で、頭上に垂髻を結び、十の化仏を配し、天冠台をつけています。延暦寺の開祖伝教大師の作と伝え、現在では、安産祈願の観音として多くの信仰を集めています。
    35.489650,136.124940
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  • 東光山神照寺 十一面観音坐像
    像高26cmの可愛らしい十一面観音坐像で十一面観音の坐像の姿は比較的珍しい。もともとは集落内の香取神社境内にあった神宮寺の本尊であったが明治に廃寺となり神照寺に安置されることになったと伝わる。
    35.5296451,136.1578829
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  •  

  • 徳圓寺 馬頭観音菩薩
    馬頭観音立像は、鎌倉時代の作で、頭上に馬頭を配し、三面八臂、炎髪、三目、瞋目開口で、上歯列をみせ、牙が上出しています。大谷山大通寺の宿坊成円坊の本尊であったと伝えられています。
    35.512479,136.117458
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  • 正応寺 聖観音立像
    ・平安時代後期(12世紀) ・木造(ヒノキ材)、割矧造り、古色 ・像高90.3㎝ ・頭上に螺髺を結び、天冠台をつけ、白毫相をあらわす。
    35.5365109,136.1468337
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  • 阿弥陀寺 聖観音坐像
    平安時代後期の作で、頭上に垂髻を結び、天冠台をつけています。地髪部は前面筋彫り、背面平彫としています。耳朶は環状で、首に三道をあらわしています。氏仏二尊の一躯です。
    35.458982,136.142445
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  •  

  • 山門公民館(山門自治会) 馬頭観音坐像
    馬頭観音坐像は、平安時代後期の作で、頭上に馬頭を配し、三面八臂、炎髪、三目、瞋目開口で、上歯列をみせ、牙が上出しています。街道の守護仏であったと伝えられています。
    35.520688,136.122737
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/07.png
  •  

  • 洞壽院 聖観音立像
    丹生川上流にある、如仲(にょちゅう)禅師開山による曹洞宗寺院。聖観音立像は如仲禅師が持ち込んだものと伝わる。
    35.600782,136.220546
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/06.png
  • 全長寺 馬頭観音菩薩像
    天台宗万福寺の本尊だった「馬頭観音菩薩像」は、寺院が老朽化して全長寺境内の観音堂に移され、今日に至ります。また、賤ヶ岳の戦いで活躍した毛受兄弟の供養寺であり伊香西国第25番の札所でもあります。
    35.5582065,136.18914960000006
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/06.png
  • 上丹生薬師堂 薬師如来坐像
    御前立である薬師如来坐像(県指定文化財)は平安後期の作と伝わり、平安様式の優美な容姿ながら、長く引いた両目は見開きが強く、胸・腹にも量感があります。
    35.564108, 136.228963
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/06.png
  •  

  • 源昌寺(中林寺) 聖観音立像
    明治10年(1877)、上丹生にあった3つの禅坊が廃寺になり源昌寺に統合されたため、他宗の寺院から多くの仏像が集まっています。
    35.566438,136.227113
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/06.png
  • 法照寺 聖観音立像
    伊香西国第26番札所。古くより近郊の崇敬者の深い観音信仰の霊場として守られています。
    35.556315,136.201558
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/06.png
  • 安養寺(光勝庵) 十一面観音立像
    十一面観音立像は、寄木造りで漆箔がほどこされ、黒くすすけているが、所々に金箔が残っています。豊満な頬にかすかな笑みをたたえて、ひきずるような魅力があり、腰のあたりが細く引き締まり、着衣の線も荒目であるがすんなりとしています。
    35.552432,136.192388
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/06.png
  •  

  • 石道寺 十一面観音立像
    重要文化財である本尊の十一面観音立像は、欅の一木造りで、平安時代の作といわれています。この観音様は、紅を差した口元が印象的な優しい顔立ちをしており、井上靖は「村の娘さんをモデルにしたよう」と表現しています。
    35.503625,136.257548
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  • 鶏足寺(己高閣収蔵) 十一面観音立像
    己高山では奈良時代以降多くの寺院が存在していましたが、明治の廃仏毀釈等により廃寺となり、今では仏像や寺宝は、山麓の古橋地区の収蔵庫(己高閣と世代閣)に保存されています。重要文化財・十一面観音立像や魚籃観音立像など多数収蔵されています。
    35.507957,136.251969
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  • 黒田安念寺 菩薩形立像(いも観音)
    田んぼに埋めて、戦火から守ったと伝える朽ちた平安古仏十体を安置しています。
    35.5096958,136.20765959999994
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  •  

  • 黒田観音寺 伝千手観音立像
    重要文化財である本尊は、千手観音立像と伝わっていますが、その形姿から諸仏、諸菩薩の母たる准胝観音像と見た方が妥当です。姿態は優雅高尚で衣褶は下半身に集中し煩雑な装飾はなく裳の中央に渦文が見られ端厳な精気に満ちた密教系の彫刻です。
    35.513817,136.208585
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  • 田神山観音寺 聖観音立像
    伝教大師が開いたと伝えられています。その後長い間衰えていましたが、1670年頃、浄信寺の雄山上人が再興し、以来、木之本の氏仏として崇敬されてきました。ご本尊は、そのお目に特徴があり、日光・月光を顕しています。
    35.5081829,136.2258025
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  • 黒田大澤寺 千手観音立像
    ご本尊は、神亀元年に行基菩薩が自ら刻んだものと伝えられています。天正11年、賤ヶ岳の合戦の戦火により堂宇は焼失したが、観音像は村人の手により余呉町坂口の菅山寺に移され難を逃れました。
    35.5105876,136.21417559999998
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  •  

  • 大音千手堂 十一面観音立像
    天正11年、賤ヶ岳の合戦の兵火により御堂は焼失したが、観音像は里人の手により難を逃れ、夢のお告げにより仁王門後に御堂を建て、焼け焦げた仁王像と共に安置されています。
    35.500335,136.197228
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  • 伝塔寺(北布施観音堂) 聖観音立像 
    ご本尊の聖観音菩薩像は、もとは余呉川の畔にあった伝堂寺という寺に祀られ「子宿仏(こやどぼとけ)さん」と呼ばれていたそうです。昭和30年頃に焼失したため、その灰を集め、その後に造られた現在の観音像の体内に収められています。
    35.4919695,136.20195220000005
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  • 西光寺 十一面観音立像
    ご本尊は伝教大師の作と伝えられています。毎年、2月に祭事が執り行われますが、当初は新しく世帯を持ったものが塔屋を務め、早く子宝が恵まれるように祈願していました。子授け観音・子安観音として崇敬される所以です。
    35.5002785,136.23118569999997
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/04.png
  •  

  • 正妙寺(千手千足観音立像)
    千本の手と足を持つ他には例のみられないめずらしい千手千足観音像です。西野薬師堂と同じ境内に安置されています。
    35.4709215,136.20366939999997
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 西野薬師堂(充満寺:十一面観音立像・薬師如来立像)
    十一面観音立像は、ふっくらとして穏やかな表情、胸の隆起と腹部の肉付き、どれをとっても堂々とした体躯の重量感あふれる表現がされている重要文化財です。同境内には正妙寺・千手千足観音が安置されています。
    35.4709215,136.20366939999997
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 向源寺(渡岸寺観音堂)【日本の仏像100選/にっぽん心の仏像100選】
    国宝・十一面観音立像は、天平時代・泰澄作の仏像と伝わる日本彫刻史における最高傑作で、七体ある国宝・十一面観音立像の中で最も美しいとされ、特に官能的でさえあると表現されています。肉感的で腰を軽く左に捻った躍動的なお姿、耳璫と呼ばれる耳飾り、大きく作られた頭上面など数々の特徴を持っています。
    35.4759254,136.23929350000003
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 高月観音の里歴史民俗資料館
    高月観音の里歴史民俗資料館は、地域文化財の総合資料センターとして歴史的遺産の調査研究と保存をはかり、また広く文化財を公開するため、町政30周年の昭和59年9月27日開館しました。以来「観音の里」の窓口として、また湖北の文化財を見学する際の基礎的な知識を深める場として多くの方にご活用いただいています。
    35.4753199,136.24048500000003
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 赤後寺(日吉神社)聖観音立像・千手観音立像
    長年秘仏でしたが、昭和44年に重要文化財に指定されて以来、一般公開されています。重要文化財である本尊は厄を転じて利を施すコロリ(転利)観音として親しまれていますが、いつの間にか長患いせず極楽往生に導く観音さまといわれるようになりました。
    35.4895873,136.21774529999993
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 赤分寺 十一面観音立像
    本尊の十一面観音立像は、室町時代の作とみられます。最澄によって開かれたと伝えられるこの寺は、かつて足利将軍により朱印地を賜り、厚く庇護されたといいます。
    35.486777,136.213796
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 高月観音堂(大円寺) 十一面千手観音立像
    等身の四十二臂千手観音像で、素木のままとしているところなど、古様の像をモデルにした室町時代頃の作と思われます。戦乱の世、兵火を逃れ岩上に立たれたとされ、「火除けの観音さま」として広く信仰されています。
    35.4700926,136.2385852
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 横山神社 馬頭観音立像
    平安時代末期の作であり、神仏習合の名残で神社に安置されています。観音像の多い高月町にあって唯一の馬頭観音です。(観音の里歴史民俗資料館に寄託され、観音の里ふるさとまつりの時のみ同社にて公開されています。)
    35.484065,136.219141
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 磯野寺
    山号の赤見山とは、かつて神仏習合時代には延喜式式内社赤見神社の新宮寺であったことによるもので、今もその名残として境内を共有しています。
    35.478023,136.210921
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 長命寺薬師堂 薬師如来立像
    長命寺は建久年間(1190~1199)、藤原資通の護持仏を以って創建されました。安置される薬師如来立像は寄木造、漆泊の玉眼、像高は39㎝です。
    35.471200,136.213508
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 満願寺(高野神社)
    大師堂に安置される像は、天台宗の開祖・伝教大師(最澄)の肖像と伝えるが、そのお姿から比叡山中興の祖・慈恵大師良源(元三大師)を表しているとみられる。
    35.491337,136.259437
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 朝日山 竹蓮寺 聖観音坐像
    台座内に、戦火に焼かれた胎内仏をもつ「鞘仏」です。寺号はかつてのこの地に清らかな冷水が湧き出したことに由来しています。脇仏十一面観音坐像は、観音の里資料館に寄託されています。
    35.4534183,136.21505969999998
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 紫雲山 浄光寺
    延歴年間(782~806)に、僧・最澄(伝教大師)が建立し厳長寺と号しました。天正元年(1573)に浅井氏と織田家との戦いの際、隣郷で戦いが展開され、その兵火に遭い消失しました。その金堂跡に再び堂舎を建立し、本尊である十一面観音像を安置されました。
    35.471797,136.240768
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 己高山 松尾寺
    本尊十一面観音は「最澄によって彫刻され、鶏足寺(己高山仏教圏の中心)の十一面観音と同体である」と信仰されてきました。
    35.475472,136.205385
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 円満寺(日吉神社) 十一面観音立像
    本尊の聖観音、十一面観音に加え、西国・坂東・秩父の各札所のうつし霊場として百体観音を安置しています。また小堀遠州作と伝えられる県指定名勝理覚院庭園があります。
    35.489743,136.241210
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 理覚院 聖観音立像・十一面観音立像
    本尊の聖観音、十一面観音に加え、西国・坂東・秩父の各札所のうつし霊場として百体観音を安置しています。また小堀遠州作と伝えられる県指定名勝理覚院庭園があります。
    35.488887,136.240630
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 雨森観音寺 千手観音立像
    観音堂は、もと蔵座寺といい、いつの時代にか観音寺と改称されました。本尊千手観音立像が安置されています。
    35.490237,136.244373
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 尾山釈迦堂(白山神社)
    己高山仏教の有力寺院「惣山之七箇寺」の一つ、安楽寺があった。釈迦堂にはその遺品として、二体の仏像が安置されている。
    35.497993,136.246219
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 冷水寺(胎内仏資料館) 十一面観音坐像
    台座内に、戦火に焼かれた胎内仏をもつ「鞘仏」です。寺号はかつてのこの地に清らかな冷水が湧き出したことに由来しています。脇仏十一面観音坐像は、観音の里資料館に寄託されています。
    35.458936,136.232573
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 保延寺観音堂 千手観音立像
    戦国時代に湖北地方を治めた武将浅井氏ゆかりの像といわれ、奈良・長谷寺から移されたと伝わっています。
    35.490949,136.243677
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 龍頭山普門寺
    寺伝によれば、応永二十年(一四一三)、大友皇子の末裔三位重則卿が開いたといい、本尊・聖観音菩薩立像は、伝教大師最澄の作と伝えられています。
    35.472519,136.212423
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 光明寺 千手観音立像
    千手観音立像は室町時代の作で、お顔の彩色が残る美しい観音様です。
    35.479753,136.224957
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 乃伎多神社薬師堂 聖観音立像
    乃伎多神社薬師堂には四躯の平安仏が伝わり、古来より安曇郷の鎮守の宮として郷民に信仰されています。
    35.457725,136.217706
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  • 片山観音堂 十一面観音立像
    琵琶湖を見下ろす高台から湖上の安全を守る十一面観音様として広く信仰を集めています。
    35.455985,136.200145
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/02.png
  •  

  • 岡本神社(小谷丁野観音堂) 十一面観音坐像
    十一面観音坐像であり、十一面観音には珍しく六本の腕で、水瓶・薬壺・独鈷などを持っています。下地が剥落し、木地が出て素朴な印象を受けます。唇には朱色を残し切れ長の目が美しい像です。
    35.460718,136.252765
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/08.png
  • 田中神社 十一面観音立像・菩薩形立像
    頬の厚いまろやかな表情の十一面観音と、あどけない顔つきで、形式化された衣文など地方色が色濃く出ている菩薩形です。戦乱と天災にあいながら、村人により何度も修復されています。
    35.435337,136.218111
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/08.png
  • 常楽寺 聖観音立像
    通称「山寺の観音さん」といわれる聖観音で、衣文を省略した簡素な作風ながら、平明優美な平安時代後期の特徴をよく示しています。
    35.446945,136.212231
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/08.png
  •  

  • 小谷寺 如意輪観音半跏思惟像
    小谷山の麓に建ち、浅井三代の祈願寺として栄え、お市の方や浅井三姉妹もたびたび詣でたと伝わっています。本尊の如意輪観音は、静かな笑みを浮かべた麗像です。1年に一度、11月12日~18日にご開帳されます。
    35.449340,136.275209
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/08.png
  •  

  • 総持寺
    ご本尊は薬師如来様で、西国薬師霊場31番札所となっています。 本堂前庭には、梅の木を宿に松の木が育つ「松梅の木」があり、韻から商売にご利益があるそうです。
    35.3841257,136.2904595
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 知善院
    長浜城の搦手門を移したという山門。本堂に阿弥陀三尊と大坂城落城の折、持ち出した秀吉公の木造を祀ります。
    35.3839333,136.26715890000003
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 南郷会館 聖観音立像
    平安時代作で像高101.3㎝。柔らかな表情の繊細で洗練された聖観音立像(市指定文化財)です。
    35.431714,136.328652
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  •  

  • 大田寺(木尾薬師堂) 薬師如来坐像
    薬師如来坐像は平安時代後期の作と伝わり、像高143.8㎝で重要文化財に指定されています。
    35.450499,136.309386
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 大聖寺不動堂 不動明王坐像
    信長焼き討ちの後、長らく秘仏として保存されていました。像高は135㎝で県内2番目の大きさです。平安時代後期の作と伝わり、2013年に市指定文化財に指定されました。
    35.443307,136.323312
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 醍醐寺
    琵琶湖を望む高台に建つ、真言宗豊山派の古刹で、後白河天皇の御代に建立された寺院です。
    35.438229,136.339847
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  •  

  • 尊住院 聖観音立像
    川道神社に隣接して建つ新義真言宗豊山派の寺院。聖観音立像は天台時代の本尊と伝えられている。
    35.397060,136.234850
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 舎那院
    秘仏・愛染明王坐像(重文)や平安時代作の阿弥陀如来坐像(重文)、薬師如来坐像(市指定文化財)の仏像、工芸品や絵画などを数多くの寺宝を有します。
    35.383111,136.275091
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 神照寺(半肉彫千手観音立像)
    神照寺は寛平7年(895)に創立された長浜最古のお寺。国宝の金銀鍍透彫華籠の他、千手観音像など貴重な文化財を収蔵しています。
    35.4028563,136.27437770000006
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  •  

  • 珀清寺(瓜生薬師堂) 薬師如来坐像
    珀清寺近くの日吉神社境内にある薬師堂には、木造の薬師如来像が祀られています。152㎝の大きく堂々たる坐像で、平安時代後期の作として重要文化財に指定されています。
    35.454422,136.288592
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 来現寺 聖観音立像
    重要文化財であるご本尊は、木造聖観音立像で、この寺の飛地境内の観音堂(収蔵庫)におさめられています。
    35.4223443,136.2314434
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  • 大井観音堂 聖観音坐像
    明治初期に、姉川の北側より現在の場所に移されました。観音像は、右足を上にして蓮華座の上に坐っています。普通、聖観音像は立像が多く、比較的珍しい姿といえます。
    35.413299,136.266251
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/03.png
  •  

  • 成菩提院
    織田信長をはじめ、豊臣秀吉、小早川秀秋などの武将が宿営した記録が残っています。絹本著色聖徳太子像や金剛雲形孔雀文磬など多くの文化財を所蔵しています。
    35.347760, 136.400297
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 青岸寺 【日本名庭百選】
    琵琶湖の東部に点在する「近江七福神」の一寺院。江戸時代初期に造られた枯山水の庭園は、国の名勝に指定されています。 ご本尊は、木造聖観音菩薩坐像(県指定文化財)で、他にも十一面観音菩薩立像(市指定文化財)が安置されています。
    35.3146349,136.29537070000003
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 清瀧寺徳源院
    中世、北近江を支配した京極氏の菩提寺。34基の宝篋印塔が並ぶ京極家墓所は国の史跡。桜と紅葉の名所。
    35.345323,136.388147
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  •  

  • 松尾寺
    秘仏本尊は雲中より飛来されたという「飛行観音」で、海外渡航者や航空関係者の人々の篤い信仰を得ています。。霊仙七ヶ支院の内唯一残存する寺で、山頂の本堂跡地は県指定史跡。
    35.3025642,136.3397357
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 長尾護国寺
    伊吹山四大護国寺の一つ。境内は山野草の宝庫です。毘沙門堂の天部形立像と毘沙門天立像は県指定文化財です。
    35.425145,136.374682
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 大原観音寺
    大原観音寺は、豊臣秀吉と石田三成の出会いの地と伝わり、三成水汲みの井戸が残ります。また本堂、鐘楼、惣門は重要文化財に指定されています。
    35.389316,136.337839
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  •  

  • 須川観音堂 十一面観音立像
    浅井家の家臣遠藤直経が製作したといわれる十一面観音立像が安置されます。
    35.356956,136.405738
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 大平観音堂 十一面観音立像
    江戸時代の遊行僧・円空が元禄2年(1689)に作成した高さ約180cmの桜材の木造十一面観音立像です。当初は山中の太平寺集落に安置されていましたが、昭和39年太平寺集落の集団移住により、山麓に移されました。
    35.380968,136.376904
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 伊吹山弥高護国寺 悉地院
    伊吹山四大護国寺の一つ弥高寺の中心的寺院であったと伝わります。本堂・庫裏・鐘楼・山門のほか、四季折々の風情を楽しめる庭園があり、弥高寺の法灯を守っています。びわ湖百八霊場の第四十八番札所、近江国びわ湖七福神の霊場です。
    35.391284,136.39730459999998
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  •  

  • 西圓寺 十一面観音立像
    インゲン豆で有名な中国の僧隠元が開いた黄檗山万福寺の末寺。観音様を御本尊とする禅宗寺院で、湖北二十七名刹霊場に選ばれています。
    35.322982,136.300684
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  • 真廣寺 薬師如来坐像
    真宗大谷派(東本願寺)寺院。飛地境内に重要文化財「真廣寺木造薬師如来坐像」を安置します。
    35.325195, 136.284919
    http://kitabiwako.jp/common/kannon/images/icon/05.png
  •  

COPYRIGHTS © 2014 shigakenkohoku kannonnosato ALL RIGHTS RESERVED.