社寺仏閣

社寺仏閣をエリアから絞り込む

エリア

奥びわ湖エリア

正応寺 聖観音立像

奥びわ湖エリア

小谷寺 如意輪観音半跏思惟像
小谷山の麓にあり、浅井家の祈願寺とされていた。小谷落城の際焼失したが、豊臣秀吉により再建された。

奥びわ湖エリア

西野薬師堂(充満寺) 十一面観音立像・薬師如来立像、千手千足観音(正妙寺)
十一面観音立像・薬師如来立像ともに中風封じの仏さまとして知られており、国の重要文化財に指定されています。同じ境内には珍しい千手千足観音像も安置されます。

奥びわ湖エリア

赤後寺(日吉神社) 聖観音立像・千手観音立像
本尊は、千手観音・聖観音の二体の観音様です。いずれも平安時代初期の作で、国の重要文化財に指定されています。

奥びわ湖エリア

向源寺(渡岸寺観音堂)【日本の仏像100選/にっぽん心の仏像100選】
平安初期の作といわれる国宝十一面観音立像は、戦国時代には兵火を避けるため村人により土中に埋められ災禍を免れたと伝わっています。

奥びわ湖エリア

己高閣・世代閣
 己高閣はかつて己高山に構えていた寺々の寺宝を納めるため、昭和38年に建てられた滋賀県最初の文化財収蔵庫。

奥びわ湖エリア

黒田観音寺 伝千手観音立像
千手観音菩薩

奥びわ湖エリア

石道寺 十一面観音立像
 己高山麓にある真言宗豊山派の寺。平安末期の作と伝えられる本尊の十一面観音像は国指定の重要文化財です。

奥びわ湖エリア

木之本地蔵院
 眼病平癒の仏さまとして知られる時宗の寺。境内に立つ6メートルの地蔵像は秘仏である本尊を模しており「木之本のお地蔵さん」が全国から訪れる参拝客を出迎えます。

奥びわ湖エリア

全長寺
「本堂」は県指定の有形文化財で、曹洞宗寺院の特色をもっている寺院。賤ヶ岳の戦いで活躍した毛受兄弟の供養寺でもある。

ページトップへ