史跡

史跡をエリアから絞り込む

エリア

奥びわ湖エリア

小谷城跡【日本の百名城】(紅葉シーズン)
戦国大名浅井氏の居城であり、茶々・初・江のふるさとでもある小谷城跡は、日本五大山城の一つとなっています。

奥びわ湖エリア

大蛇(おとち)の岩窟と石田ヶ洞(石田三成が再起をかけた道)
関ヶ原合戦で敗北した石田三成が再起をかけて逃れ、村の農民に匿われた洞穴。

奥びわ湖エリア

黒田家御廟所
当地の御廟所に祀られている黒田藩の始祖は、佐々木源氏の流れをくむ源宗清(宗満)公であり、近江国伊香郡黒田村に住み、湖北の荘園領主として黒田判官と称された。

奥びわ湖エリア

北国街道 木之本宿
北国街道と北国脇往還が交わる宿場町で、旅人と木之本のお地蔵さんの参拝客で賑わいました。

奥びわ湖エリア

大通寺
真宗大谷派の長浜別院。伏見城の遺構と伝えられる本堂や大広間の他、円山応挙、狩野山楽らの襖絵、国名勝指定の庭園が有名。

奥びわ湖エリア

慶雲館
長浜の豪商が建てた明治天皇の御休憩所。当時の総理大臣・伊藤博文が命名し、長浜の迎賓館として使用。冬季は盆梅展会場。

長浜エリア

近江孤篷庵
日本三大茶人としても名高い小堀遠州の菩提寺。自然を生かした枯山水と池泉回遊式の庭園は県名勝に指定。

長浜エリア

太閤井戸
秀吉公の在城時に使われたと伝わる井戸の跡。渇水時のみ近くまで行くことができます。

長浜エリア

姉川古戦場
浅井・朝倉軍と織田・徳川軍による姉川の合戦。兵士の血で真っ赤に染まったという姉川野村橋のたもとに慰霊碑が立ちます。

長浜エリア

秀吉・三成出逢いの像
「三献の茶」の逸話で有名な秀吉と三成の出逢いをモチーフにした長浜駅前に立つ銅像。

ページトップへ