My旅リストに追加しました。
Close

けいうんかん
慶雲館

長浜の豪商・浅見又蔵氏が明治天皇の御休憩所として建築しました。 近代日本庭園の先駆者、七代目小川治兵衛(植治)が手がけた庭園は、国の名勝に指定されており、大きな起伏をつけた立体的な構成と巨石を用いた豪壮な意匠が見事。 長浜盆梅展の会場としても有名です。   ~NEW~ 書家・菊池錦子(きんこ)氏の書を展示中 書タイトル:「 龍 」 高さ223cm、幅103cmの大作。 菊池氏が、平成26年11月6日から平成27年1月14日までニューヨークの「ネペンテスギャラリー」で個展を開催するにあたり、平成26年10月に揮毫し展示された書です。 菊池氏は、NHK大河ドラマ「篤姫」、「江~姫たちの戦国~」の題字を手掛けたことでも知られ、また映像・イベントなどのタイトルや社名、商品名なども手掛け多方面でご活躍中です。 また、書「龍」とともに、3枚の書「生」を同時に展示します。これは、平成23年2月3日菊池氏に慶雲館で、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の茶々・初・江それぞれ3人をイメージして揮毫していただいた書です。 ~菊池氏のコメント~ ■作品について 龍は、強さと繁栄を象徴する霊獣と言われ、大きい、恵み、いつくしみ、和らぐという意味もあり、長浜市がこれからますますご繁栄されますようにと願いを込めました。 ■慶雲館に寄贈した理由 (ニューヨークでの個展の)展示後、作品を整理しながら、せっかく海を渡ってきた作品でもございますし、これまでお世話になったところへささやかな気持ちとして、お届けしたいと考えました。 その後機会があり、「龍」の書をご覧になった方が、たくさんの方々の目に触れるところにおかれるのがふさわしいとおっしゃり、頭に浮かんだのが長浜市でした。竹生島は龍と関係ございますし、「龍」は強さと繁栄を象徴する霊獣といわれ、大きい、明らか、恵という意味もございます。 また、平成23年「江~姫たちの戦国~」の題字を揮毫させていただいたご縁で、長浜鉄道スクエアで個展を開催させていただきました。琵琶湖のように広く、あたたかく、穏やかなお心で接して下さった皆様との出会い…。このありがたいご縁をこれからも大切にしてまいりたいと存じ、ささやかなお礼の気持ちとして届けさせていただきました。    【展示期間】平成27年9月3日(木)~平成27年12月6日(日)

My旅リストに追加
所在地
長浜市港町2-5
アクセス
[公共交通]
JR北陸本「長浜駅」下車 徒歩3分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICより15分
[駐車場]
長浜駅西駐車場120台
営業時間
9:30~17:00
定休日
開館日時/3月21日~12月6日(無休)
料金
大人/300円 小人/150円
盆梅展開催期間は別料金
施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください
その他
施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください
URL
http://kitabiwako.jp/keiunkan/
お問い合わせ先
慶雲館
TEL
0749-62-0740

関連するイベント情報

長浜・北びわ湖大花火大会
期間 2016年8月4日(木) 
場所 長浜港湾一帯 滋賀県長浜市港町
内容 スターマインを中心とした約1万発の花火が夏の夜空と日本一の湖・琵琶湖を美しく彩ります。

長浜港湾で打ち上がる花火は、真上だけでなく、琵琶湖上を左右に飛び交い、息もつけないほどの金色の大…

ページトップへ