My旅リストに追加しました。
Close

みつなりもじゅうししたぎじゅつ くにともてっぽうのさと
三成も重視した技術 国友鉄砲の里

国友は、堺と共に日本を代表とする鉄砲(火縄銃)の生産地でした。三成も領国内となった国友鉄砲鍛冶を重視していました。家康との対立が決定的となっていた慶長5年(1600年)7月18日付の文書で三成は、国友鉄砲生産について秀吉が長浜城主であった時に定めた法度に従うように述べています。これは三成ら西軍から家康への宣戦布告状ともいえる「内府ちかひの条々」が出された翌日であり、徳川方ではなく自らに優先的に鉄砲を納入することを求めたものと推定されます。

国友鉄砲の里資料館では国友の歴史・文化や、日本のエジソンと呼ばれた天才発明家・国友一貫斎の業績等をマルチスライド、ジオラマ、そして実物展示などでわかりやすく紹介しています。

My旅リストに追加
所在地
滋賀県長浜市国友町534
アクセス
[公共交通]
JR琵琶湖線「長浜駅」 湖国バス養護学校線で「資料館前」下車
[自動車]
北陸自動車道長浜ICより5分
[駐車場]
有り
お問い合わせ先
国友鉄砲の里資料館
TEL
0749-62-1250

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

ページトップへ