My旅リストに追加しました。
Close

いしだみつなりぞう
石田三成像

市の東部、米原市との境界近くにある石田町は、戦国の武将・石田三成(1560-1600)が生まれた町であり、公民館前の石田家跡には、「石田治部少輔(いしだじぶしょうゆう)出生地」と刻まれた顕彰碑が立てられています。
石田三成は、戦国時代に土地の豪族・石田正継の子として生れ、少年時代を隣町(米原市朝日)の観音寺で過ごしたと伝えられます。ある時、この寺に、鷹狩りの途中の豊臣秀吉(1537-98)が立ち寄り、茶を献じた三成の非凡さ(三碗の才)を認めて小姓にとりたてたという伝説があります。
三成はその後、事務的な才能を買われ、25歳の時に従五位下、治部少輔に任ぜられ、豊臣政権五奉行のひとりとして活躍し、30歳で佐和山10万石(後に19万4000石)の領主となっています。しかし、関ヶ原の合戦で徳川家康と戦い善戦しましたが、小早川秀秋の裏切りで惨敗、京都六条河原で刑死しました。
長浜駅前にも、秀吉と三成の観音寺での出逢いを再現した「殿様と茶を献じる小姓」の像が立てられています。

My旅リストに追加
所在地
滋賀県長浜市石田町
Googlemapで見る
アクセス
[公共交通]
JR長浜駅下車 車で10分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICから車で15分
[駐車場]
普通車10台
お問い合わせ先
石田会館
TEL
0749-62-8285

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

ページトップへ