My旅リストに追加しました。
Close

よどどののふるさと「おだにじょうあと」
淀殿のふるさと「小谷城跡」

戦国大名浅井氏の居城であり、茶々・初・江のふるさとでもある小谷城跡は、中世五大山城の一つに数えられる名城です。小谷山には石垣や曲輪などの遺構が当時のまま保存されているものもあり、歴史的に大変価値の高いものと言えます。春は桜、秋は紅葉で色づき、ハイキングにも最適です。眺望も素晴らしく、びわ湖と竹生島、伊吹山など湖北平野が一望できる大パノラマが広がります。

淀殿はその後、母・お市の方が再婚した柴田勝家の居城・北ノ庄城で2度目の落城を経験します。終焉の地となった大坂城では、真田信繁など豊臣恩顧の武将が活躍し徳川家康と激戦を繰り広げますが、1614年大坂城は落城。人生で3度の落城を経験した淀殿は、豊臣秀頼とともに自害し、その波乱に満ちた生涯を終えることとなります。

 

My旅リストに追加
所在地
滋賀県長浜市湖北町伊部
アクセス
[自動車]
小谷城スマートICから3分
お問い合わせ先
奥びわ湖観光協会
TEL
0749-82-5909
FAX
0749-82-3956

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

ページトップへ