My旅リストに追加しました。
Close

みつなりのめいゆう おおたによしつぐのくびづか
三成の盟友 大谷吉継の首塚

関ヶ原の合戦(1600)で、西軍・石田方の参謀として奮迅の働きをした大谷吉継(1559~1600)の首塚と伝えられる石塔です。関ヶ原での小早川秀秋の裏切りによって、西軍の敗北を悟った吉継が、敵に首を渡さないよう、湯浅五助の介錯で自刃し、甥の僧・祐玄が首を錦の袋に入れて、敦賀の逃亡の途中に、この地に埋め隠したといわれています。今も地元の人々により、大切に守られ供養されています。

 

なお、長浜市余呉町小谷(おおたに)は、吉継の出生地と伝わっています。

 

 

My旅リストに追加
所在地
米原市下多良
アクセス
[公共交通]
JR米原駅から徒歩約15分
[自動車]
米原ICから10分
[駐車場]
米原市役所米原庁舎を利用
お問い合わせ先
米原市歴史文化財保護課
TEL
0749-55-4552
FAX
0749-55-4556

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

ページトップへ