My旅リストに追加しました。
Close

おおはらかんのんじ  みつなりとひでよしであいのち にほんこじひゃくせん おおはらかんのんじ
大原観音寺【日本古寺百選 石田三成と羽柴秀吉の出会いの地】

もと伊吹山にあった観音護国寺が、正元年中(1259~60年)に現在地に移転して、大原荘の地頭・大原氏の保護を受けながら、弘安年間(1278~88年)までに寺観を整えたといいます。
当寺は、石田三成と羽柴秀吉の出会いの地とされています。寺の小僧だった三成が、鷹狩りで立ち寄った秀吉に茶を献じて、「三椀の才」で見出されたという逸話が残っています。本堂、鐘楼、惣門が重要文化財。三成が秀吉に献じたお茶の水を汲んだとされる古井戸も残っています。

My旅リストに追加
所在地
滋賀県米原市朝日1342
アクセス
[公共交通]
JR長浜駅からバス「観音寺前」下車徒歩約5分
[自動車]
北陸自動車道長浜ICから車で約10分
[駐車場]
10台
お問い合わせ先
大原観音寺
TEL
0749-55-1340

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

ページトップへ