My旅リストに追加しました。
Close

にしのすいどう
西野水道

滋賀県指定文化財。西野水道(にしのずいどう)は、西野の西山という山の麓に、琵琶湖へ向かって貫かれている高さ約2m、幅約1.5m、長さ約250mの排水用の岩穴です。今から170年前、たびたび洪水に見舞われていた西野地区を、洪水から守るために、充満寺の第11世・恵荘上人の発起により行われた土木事業です。能登、伊勢から石工を招き、実に6年の歳月と1275両をかけてノミだけで掘り抜かれた手堀りの岩穴です。

 

事務所には、防護用ヘルメット、長靴、懐中電灯が置いてあります。どなたでも無料で借りることができます。ただし、数に限りがあります。ご使用になられた後は元の場所にご返却ください。

旧水道は人ひとりが通れるぐらいの穴の大きさで、足元も水でゆるくなっていますので、準備を整えてからお入りください。

旧水道は怖くて入れない方で、トンネルの反対側を見てみたい方は、隣の新しいトンネルをご利用ください。こちらは直径5mぐらいありますが、途中は照明がありませんので、足元にはご注意ください。

 

所在地

長浜市高月町西野
Googleマップで確認する

アクセス

[公共交通]

JR高月駅より車にて10分

[自動車]

北陸自動車道木之本ICより10分

[駐車場]

営業時間

終日

定休日

料金

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

その他

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

お問い合わせ先

(公社)長浜観光協会 北部事務所

TEL

0749-82-5909

FAX

0749-82-5913
kanko@okubiwako.jp

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

Copyright 2019 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.