My旅リストに追加しました。
Close

えんまんじ(ひよしじんじゃ) じゅういちめんかんのんりゅうぞう
円満寺(日吉神社) 十一面観音立像

己高山 円満寺は中世、この辺りに造られた比叡山延暦寺領の荘園・富永荘の領所であり、また己高山仏教の有力寺院「惣山之七筒寺」の一つにも数えられていました。正面の厨子には本尊阿弥陀如来、向かって左に十一面観音と地蔵菩薩が安置されています。右の厨子には神仏習合時代の遺品・日吉山王二十一社本地仏が伝えられ、その中尊十一面観音像の背中には「イザナギノミコト」であることを示す墨所があります。境内の向かいの鐘楼にある鎌倉時代・寛喜三年(1231)の銘をもつ銅鐘は、年代の判明するものとしては滋賀県内で最も古い鐘で、重要文化財に指定されており、鐘楼前に広がる庭園「神池・神島」ははるか古代に造られたと伝えられています。

所在地

長浜市高月町井口
Googleマップで確認する

アクセス

[公共交通]

JR高月駅より車にて10分

[自動車]

北陸自動車道木之本ICより15分

[駐車場]

定休日

要予約

料金

拝観料200円

その他

事前に電話予約が必要であり、長浜観光協会北部事務所にて電話番号を案内いたします。施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください。

お問い合わせ先

(公社)長浜観光協会 北部事務所

TEL

0749-82-5909

FAX

0749-82-5913
kanko@okubiwako.jp

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

Copyright 2019 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.