My旅リストに追加しました。
Close

けいそくじ(きゅうはんぷくじ)
鶏足寺(旧飯福寺)

鶏足寺(旧飯福寺)は、735年僧行基によって開基された古寺です。いったん荒廃するも799年最澄により再興。山岳仏教の聖地として威容を誇った己高山鶏足寺別院の一つ。中世には僧兵を擁するほどの大寺で、時の権力者の庇護を受け安定した寺運を続けましたが、江戸幕府の終焉とともに衰微しました。 現在は廃寺となっており、普段は地域住民の手によって管理がなされています。 秋は紅葉の名所「鶏足寺」として、毎年多くの方が紅葉散策に訪れることで知られています。 ゆるやかな参道の石段、苔むした石垣に二百本のもみじの古木が幽玄な情景を醸し出しています。 伝来した本尊(十一面観音立像)は、古橋地区にある己高閣(ここうかく)に安置されています。隣接する世代閣(よしろかく)とともに、重要文化財の薬師如来立像、十二神将立像のほか、滋賀県指定文化財をはじめ多くの文化財が保存されています。これらの文化財も地域の住民の手によって守り継がれています。

 

My旅リストに追加
所在地
長浜市木之本町古橋
アクセス
[公共交通]
JR木ノ本駅からバスにて10分「古橋」下車、バス停より徒歩15分
[駐車場]
紅葉時には臨時駐車場有
営業時間
9:00~16:00
陽が落ち、うす暗くなってからの入山は危険ですのでお控えください。最終入場15:30頃推奨。
定休日
料金
紅葉散策協力金200円(11月15日~30日)
お問い合わせ先
(公)長浜観光協会 北部事務所
TEL
0749-82-5909
FAX
0749-82-5913
E-mail
kanko@okubiwako.jp

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

パンフレットダウンロード

H29鶏足寺チラシ
ダウンロード
散策・アクセスマップ
ダウンロード
関連するスポット情報

石道寺 十一面観音立像
 己高山麓にある真言宗豊山派の寺。平安末期の作と伝えられる本尊の十一面観音像は国指定の重要文化財です。

己高閣・世代閣
 己高閣はかつて己高山に構えていた寺々の寺宝を納めるため、昭和38年に建てられた滋賀県最初の文化財収蔵庫。

己高庵 【古今の夢行き交う宿己高庵】
 悠久の歴史と文化が息づく湖北の自然が織りなす豊かな風情の中で、心静かに佇むひとときをお楽しみ下さい。

北国街道 木之本宿
北国街道と北国脇往還が交わる宿場町で、旅人と木之本のお地蔵さんの参拝客で賑わいました。

北近江リゾート
グルメと天然温泉で健康と癒しのひとときを

ページトップへ