My旅リストに追加しました。
Close

あさづまじょうあと(なかじまじんじゃ)
朝妻城跡(中島神社)

朝妻城は、坂田郡新庄の国人・新庄直昌氏が築いたと考えられます。直昌の子直頼は浅井氏に属していましたが、のちに織田信長に降り、秀吉の馬廻りとなり、その子孫は常陸麻生藩主(茨城県行方市)として、明治まで大名家として存続しました。
新庄氏歴代の居城は、箕浦荘の新庄城ですが、朝妻は古代以来、湖上交通の要港である「朝妻湊」があり、浅井氏がここを支配するために、新庄氏に城を築かせ守護させたと考えられます。

所在地

米原市朝妻筑摩(中島神社)
Googlemapで見る

アクセス

[公共交通]

JR米原駅から徒歩約45分

[自動車]

米原ICから約15分

お問い合わせ先

米原市歴史文化財保護課

TEL

0749-55-4552

FAX

0749-55-4556

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

Copyright 2020 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.