My旅リストに追加しました。
Close

ながおかのげんじぼたるはっせいち
ゲンジボタル発生地(長岡)

2021年天の川ほたるまつりは新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、中止となりました。駐車場や行灯の設置はありませんのでご注意ください。また、来場者や地元住民の安全に考慮いただき、現地での鑑賞も自粛くださいますようお願いします。

日本でただひとつ米原市長岡。

この地域は「長岡のゲンジボタルおよびその発生地」として1952年(昭和27年)、国の特別天然記念物として指定されています。(写真はゲンジボタルが飛び交う天野川)
ホタル発生地として全国で天然記念物指定を受けているところは11カ所ありますが、「天然記念物のうち世界的にまた国家的に価値が特に高いもの」として指定される「特別天然記念物」指定の地域は長岡のみとなっています。

 ゲンジボタルの生態

ゲンジボタルの体長はオスが15mmでメスが18mmとメスのほうが大きいです。卵から成虫になるまでに約1年かかり、生涯の大部分を水中で生活します。成虫になってからの寿命は約1、2週間と短いです。
成虫の特長は、複眼が丸くて大きく、体色は黒色ですが、前胸部の左右がピンク色。中央に十字架形の黒い模様があります。また、尾部には淡い黄緑色の発光器官があります。

ホタルの飛び交う時間帯

ホタルは夜3回飛び交います。1回目が午後8時から午後9時、2回目が午後11時前後、3回目が午前2時前後です。遅くなるに従って、メスも草むらから出て飛ぶようになります。

まつりの時期はホタルの発生と共に

毎年、6月初旬から中旬にかけて「天の川ほたるまつり」が開催されています。6月頃を中心に開催されているものの、開催時期は毎年一定ではありません。

それは、天の川ほたるまつり実行委員会では、来場者に必ず自然発生のホタルを見てもらうことを目的としている為で、「鴨と蛍の里づくりグループ」などの協力を得ながら、その年のホタルの幼虫の上陸状況を調査し、開催時期を決定しています。

 

所在地

滋賀県米原市長岡
Googlemapで見る

アクセス

[公共交通]

JR近江長岡駅から徒歩約5分

[自動車]

米原IC・関ヶ原ICから約15分

[駐車場]

駅前有料駐車場

営業時間

20:00~21:00
見頃の時間帯

その他

路上駐車や無断駐車等は迷惑となりますのでおやめください。

お問い合わせ先

米原市天の川ほたるまつり実行委員会事務局

TEL

0749-53-5140

FAX

0749-53-5139

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

Copyright 2020 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.