My旅リストに追加しました。
Close

ぶんかじん・かがくしゃ・げいじゅつか
文化人・科学者・芸術家

海北友松(かいほう・ゆうしょう)

天文2年(1533)-慶長20年(1615)

桃山時代の画家。名は紹益(しょうえき)。浅井家重臣の海北善右衛門尉綱親の5男(一説に3男)として現在の長浜市瓜生町に生まれる。幼くして京都東福寺に預けられていたため浅井家滅亡の難を免れた。

画が巧みで狩野元信、もしくは狩野永徳に学んだと伝えられる。40歳代で還俗し、武芸を磨き海北家の再興をはかったが成功せず、画の才能を秀吉に認められ画業に専念するようになった。慶長3年(1598)には石田三成と九州へ旅をし「絵をかくこと妙なる友松」と称されたという逸話も残されている。最晩年には宮中の御用を勤めた。

主な作品に慶長4年(1599)に再建された建仁寺方丈に描かれた琴棋書画図、竹林の七賢図などがある。

五先賢の館

小堀遠州(こぼり・えんしゅう)/ 正一(まさかず)

天正7年(1579)-正保4年(1647)

近江小室藩主(一万二千石)で江戸初期の大名茶人。現在の長浜市小堀町に浅井長政の家臣小堀正次の長男として生まれる。幼少の頃より父正次の英才教育を受け、千利休、古田織部と続いた茶道の本流を受け継ぎ、徳川将軍家の茶道指南役となる。慶長13年(1608)駿府城作事奉行をつとめ、その功により諸太夫従五位下遠江守に叙せられ、この官名から「遠州」と呼ばれる。

書画、和歌にもすぐれ、王朝文化の理念と茶道を結びつけ、「遠州流・綺麗さび」という幽玄・有心の茶道を創り上げた。また作事奉行として桂離宮、仙洞御所、二条城、名古屋城などの建築・造園にも才能を発揮し、大徳寺孤篷庵(こほうあん)、南禅寺金地院などは、代表的な庭園である。長浜市上野町の近江孤篷庵は遠州の菩提寺(ぼだいじ)であり、現在も遠州の墓が残されている。

遠州流茶道 五先賢の館

国友一貫斎(くにとも・いっかんさい)

安永7年(1778)- 天保11年(1840)
九代目国友藤兵衛。国友鉄砲鍛冶の年寄脇、藤兵衛家(現在の長浜市国友町)に生まれる。幼少のころから父の厳しい教えを受け、17歳で父の後を継ぎ年寄脇となる。鉄砲鍛冶として活躍しただけでなく、日本で最初の実用空気銃や反射望遠鏡を製作し「東洋のエジソン」と称される。

一貫斎の望遠鏡は当時のオランダ製の2倍の倍率があったといわれ、その自作の望遠鏡を用いて天体観測を行い、太陽の黒点などの観測を行い、驚くほど正確な図面を残している。天保7年(1836)の天保の大飢饉で、国友村が餓死寸前にまで追い込まれると、一貫斎は愛用してきた天体望遠鏡を各地の大名に売って人々を救った。自らが苦労して作った望遠鏡が村人たちの役に立ったことを神仏のおかげと感謝したと伝えられる。

国友鉄砲の里資料館

板倉槐堂(いたくら・かいどう)

文政5年(1822)-明治12年(1879)

板倉筑前介、淡海槐堂。現在の長浜市下坂中町に医師下坂篁斎(こうさい)の子として生まれる。勤王の詩人・江馬天江 (えま・てんこう)は実弟。

槐堂は儒者で勤皇家でもあり、長州藩や土佐藩出身の勤皇の志士らと深い関係を持ち、倒幕運動を経済的に支えた。坂本龍馬が近江屋で暗殺されたとき部屋にあった「寒椿と白梅図掛け軸」は、槐堂が龍馬の誕生祝いに自ら描き贈ったもの。龍馬の血飛沫を浴びたこの掛け軸は国の重要文化財に指定されている。また、京都最古の鳩居堂当主の写真は槐堂が撮影した。

明治維新後、その功績により新政府の官僚となるが、明治5年(1872)、病気を理由にわずか5年で官職を退き、板倉姓を返上し「淡海(おうみ)槐堂」と名乗っている。その後は郷里の長浜市で隠遁風雅の世界に余生を送った。

慶雲館

江馬天江(えま・てんこう)

文政8年(1825)-明治34年(1901)

書家、漢詩人、医師 。幕末から明治期を代表する文人 。現在の長浜市下坂中町に医師下坂篁斎(こうさい)の6男として生まれる。文人画家の板倉(淡海)槐堂(かいどう)は実兄。

18歳のころ医学を修め、京都の江馬榴園(りゅうえん)という仁和寺宮侍医の養子となる。その後大坂 に出て緒方洪庵(こうあん)らに師事し、詩文 を梁川星巌(やながわ・せいがん)に学ぶ。また幕末の志士として槐堂とともに諸名士と交り国事に尽力した。明治維新後に太政官史官に任ぜられるがその後辞し、西園寺公望(さいおんじ・きんもち)が、創立した私塾立命館の塾長を務め儒学の講義などを担当した。

晩年には小堀遠州が作庭した邸宅で隠棲し、多くの文人と交流するなど文芸に興じた。主な著作に『賞心贅録(しょうしんぜいろく)』などがある。

八木奇峰(やぎ・きほう)

文化元年(1804)-明治9年(1876)

現在の長浜市八木浜町に生まれ、江戸時代後期から明治時代初期にかけて京都画壇で四条派の絵師として活躍した。

幼少から絵を描く才能があり、京狩野派の画人「山縣岐鳳(やまがたぎほう)」について本格的な絵の指導を受ける。また、岐鳳が京都四条派の松村景文に紹介し、二人の師匠について絵を学んだ。厳しい修行に耐えた奇峰は、花鳥風月を叙情的に表現する画風を習得して、明治初年には、京都における一千余人の画人(絵師)のうち第七位になるほど人気・実力を兼ね備える画家となった。長浜に生まれ京都で修行を積んだ奇峰は、まさに長浜を代表する絵師といえる。

近年、湖北出身の画人らしく曳山を彩る絵画が楽しめる図録『八木奇峰と二人の師匠 山縣岐鳳と松村景文』(長浜城歴史博物館著/初版2009年)が刊行された。

長浜城歴史博物館

小野湖山(おの・こざん)

文化11年(1814)-明治43年(1910)

現在の長浜市高畑町に生まれる。本名横山巻。幕末から明治期の儒者、漢詩人。初めは父・横山玄篤の業を継いで医術を志したが、大岡右仲(現在の長浜市曽根町)に経史を学び、梁川星巌(やながわ・せいがん)が起こした玉池吟社(ぎょくちぎんしゃ)の社友となり漢詩で頭角を現す。その後、三河国吉田藩にて藩政に携わった。

勤皇の志士とも交際し、国事を憂えること志士にも劣らなかったといわれる。後にその功で従五位に叙せられ、一時は維新政府の総裁局権参事・記録局主任となる。しかし、これを辞してからは政府の再要請を固辞し、詩壇の重鎮として詩作を続けた。明治16年(1883)天皇から楠正成愛用と伝えられる硯を賜り、感激して書斎を賜硯楼と名づけている。大沼枕山(おおぬま・ちんざん)、鱸松塘(すずき・しょうとう )とともに、明治の三詩人と称される。「湖山詩」「湖山老後詩」などの著がある。

五先賢の館

宇治橋春年(うじばし・しゅんねん)

明治30年(1897)-昭和56年(1981)

現在の長浜市北ノ郷町に草野久大夫の子として生まれる。幼名・草野信定。 春年は幼少から絵に興味を持ち、大正3年(1914)長浜農学校を卒業後、京都画壇の重鎮・山元春挙(しゅんきょ)の門下生となり円山派の基礎を学んだ。

帰郷後には北ノ郷薬師堂の再建に際し旧堂の境内図を作成し、現在でも北ノ郷で行われる五穀豊穣を祈願する伝統行事「オコナイ」で、当番役の家に境内図の軸が掛けられる。またこの頃、湖北から南米への移住者たちに、故郷の伊吹山や大依山(おおよりやま)の絵を贈ったという逸話が残されており、その後も湖北の風景画は春年の画題のひとつとなった。大正12年(1923)北ノ郷・宇治橋家の婿養子となり札幌へ移住。大正天皇皇后の銀婚御祝として「旭日桜花図」を献納している。

昭和6年(1931)長浜に戻ったが軍用役で広島に単身赴任し、同16年(1941)には長浜市川道町の「南寿荘」に寄寓(きぐう)、「緑渓遊禽(りょくけいゆうきん)」の屏風を残す。

戦後は自宅を「錦雲荘」と名づけ、公共機関や社寺仏閣からの依頼を受け各地に春年の大作が残っている。昭和42年(1967)には有志一同により70歳の記念碑が建立された。

浅井歴史民俗資料館

沢宏靱(さわ・こうじん)

明治38年(1905)-昭和57年(1982)

日本画家。現在の長浜市元浜町に生まれる。本名日露支。京都で西山翠嶂に師事した。昭和6年の第12回帝展に「機(はた)」で初入選。戦後、官展のあり方を批判して昭和23年上村松篁らと創造美術協会(現創画会)の結成に加わる。昭和24年長浜市美術館の審査員になり昭和56年まで務めた。昭和55年京都府美術工芸功労者として表彰され、昭和56年には滋賀県文化賞を受賞している。

その作品は自然の姿を主題にした重厚で雄大な風景画に特色があり、長浜曳山まつりの萬歳樓(ばんざいろう)の胴幕「雅楽・楽器尽し図」は宏靱の下絵によるもの。

またその妻だった秋野不矩(あきの・ふく)明治41年(1908)-平成13年(2001)は女流画家として知られる。

中川泉三( なかがわ・せんぞう)

明治2年(1869年)~昭和14年(1939年)

明治-昭和時代前期の郷土史家。歴史を独学し,坂田郡,蒲生郡など郷里滋賀県各地の郡志,町志を編修した。著作に「近江要史」など。

青年期から農業を生業としていた泉三の学問的興味は、まず漢詩文の創作に向けられます。最初の著作『賤岳懐古集』を出版したのは明治23年(1890)。泉三はこれ以後も、多くの漢詩文を詠み詩文集を発刊しています。明治38年(1905)頃、泉三は柏原村誌(旧柏原村の歴史書)編さんを依頼され、その調査を行っています。さらに、明治40年(1907)に『近江坂田郡志』編さんの常務委員を委嘱され、後に編さん責任者となりました。大正2年(1913)、『近江坂田郡志』は完成しますが、その高い学術性が評価され、歴史家・中川泉三は多くの滋賀県内の地方史編さんにたずさわった。

森大造(モリ・タイゾウ)

明治33年(1900年)~昭和63年(1988年)

木彫の里米原市上丹生で生れ醒井小学校高等科を退学して、兄光次郎主宰の堂営彫刻集団で彫刻の修行をする。大正11年東京美術学校彫刻科に入学。以来東京を足場に生涯暮らすことになる。昭和2年東京美術学校彫刻家木彫部専科を卒業(卒業制作釈迦如来は醒井木彫美術館所蔵)その年の秋に帝展(現在の日展)初入選。その後昭和3、4、6、7、8、9年に帝展に入選する(昭和9年は特選)。昭和6年に東京都荏原郡東玉川村字奥沢に自宅と工房を建て、生涯の住み家とする。昭和11年に帝展が文展に変わり、その年の招待出品「若き健男」が琵琶湖文化館に保存される。昭和19年戦局が拡大し朝鮮に渡る。敗戦の20年暮れに上丹生に引き揚げる。戦後は日展を離れて、昭和27年に彫刻だけの創型会を結成、東京都美術館で展覧会を没年まで毎年行い出品する。

ヒロ・ヤマガタ

1948年5月30日 ~

画家、美術家。滋賀県米原市出身。アメリカ在住。本名は山形博導(やまがた・ひろみち)。日本ではカラフルなシルクスクリーンアーティストというイメージが今なお強いが、世界でのヒロ・ヤマガタはむしろレーザーやホログラムを使った現代美術家として知られており、先端的なイリュージョニストとして現在も精力的に活動している。

尾木直樹(おぎ・なおき)

1947年1月3日 ~

坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれの教育評論家。法政大学専任教授、早稲田大学大学院客員教授。臨床教育研究所「虹」主宰。

元日本教師教育学会常任理事、日本精神保健社会学会理事。190冊以上の教育関連著作を執筆。生徒へ発行した学級通信類は4000号を超える。教育関連の執筆・講演・インタビュー取材多数。引きこもり・いじめ等の人数調査を日本で初めて行った人物でもある。

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

Copyright 2019 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.