ボランティアコース

マチのにぎわいコース
(徒歩1~2時間)

黒壁スクエアは、年間200万人以上の観光客が訪れる、長浜でもっとも賑わう観光スポットです。世界のガラス工芸品を展示即売するショップやオリジナルのガラス製品が作製できる体験工房など様々な施設のほか、湖北の郷土料理を堪能できる店や、そこでしか買えないお土産を扱う店などが多数集まっています。秀吉時代から脈々と受け継がれる古い町並みの中、陽光に照らされた滑らかなびわ湖面を思わせるガラスが溶け合い、独特の風情が漂うまち。“古さ”と“新しさ”が織り成す“長浜らしさ”をゆっくり満喫されたい方におすすめのコースです。

六瓢箪めぐりコース
(徒歩3時間)

瓢箪(ひょうたん)は、かつて長浜城主だった豊臣秀吉の馬印として昔から長浜の町民に親しまれてきました。現在でも長浜市の市章をはじめ、まちのいたるところで瓢箪をあしらったデザインを見ることができます。このコースは、秀吉とゆかりのある六つの古社寺をめぐりながらその先々で瓢箪を集め、六瓢箪=『むびょうたん』−無病−を祈るものです。また、各社寺は花の名所でもあり、季節によって多様な彩りを楽しむことができます。

城下町散策コース
(徒歩3時間)

長浜は、豊臣秀吉が基盤を整備した、城下町としては現存する最古のまちです。秀吉のまちづくりは、現在でも長浜の町並みや地名に見ることができ、ノスタルジックな雰囲気が多くの旅人の郷愁を誘います。また、このまちの歴史は一つの時代に限定されない様々な顔を持つのが特徴です。江戸時代に入ると大通寺の門前町、北国街道の宿場町、びわ湖の港町、生糸や浜ちりめんの商工業都市として発展を遂げました。明治時代には全国に先駆けて文明開化を取り入れ、日本で3番目の官営鉄道が敷設されるなど、交通の要衝として栄えました。城下町として繁栄した時代から現代に至るまでの、長浜の変遷と発展を巡る歴史散策に出かけましょう。

豊かな自然と古寺を訪ねるコース
(車使用 4~5時間)

長浜は、豊臣秀吉が基盤を整備した、城下町としては現存する最古のまちです。秀吉のまちづくりは、現在でも長浜の町並みや地名に見ることができ、ノスタルジックな雰囲気が多くの旅人の郷愁を誘います。また、このまちの歴史は一つの時代に限定されない様々な顔を持つのが特徴です。江戸時代に入ると大通寺の門前町、北国街道の宿場町、びわ湖の港町、生糸や浜ちりめんの商工業都市として発展を遂げました。明治時代には全国に先駆けて文明開化を取り入れ、日本で3番目の官営鉄道が敷設されるなど、交通の要衝として栄えました。城下町として繁栄した時代から現代に至るまでの、長浜の変遷と発展を巡る歴史散策に出かけましょう。

戦国の史跡コース
(車使用 4~5時間)

長浜は、豊臣秀吉が基盤を整備した、城下町としては現存する最古のまちです。秀吉のまちづくりは、現在でも長浜の町並みや地名に見ることができ、ノスタルジックな雰囲気が多くの旅人の郷愁を誘います。また、このまちの歴史は一つの時代に限定されない様々な顔を持つのが特徴です。江戸時代に入ると大通寺の門前町、北国街道の宿場町、びわ湖の港町、生糸や浜ちりめんの商工業都市として発展を遂げました。明治時代には全国に先駆けて文明開化を取り入れ、日本で3番目の官営鉄道が敷設されるなど、交通の要衝として栄えました。城下町として繁栄した時代から現代に至るまでの、長浜の変遷と発展を巡る歴史散策に出かけましょう。

Copyright 2020 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.