My旅リストに追加しました。
Close

みつなりまんほーる
三成マンホール

長浜市、米原市、そして彦根市は、戦国武将石田三成が誕生し、羽柴(豊臣)秀吉と出会い、佐和山城を居城とした地です。

この3市を三成公ゆかりの地としてPRするため、デザインを一般公募にて募り、令和元年11月から3市に点在する石田三成ゆかりの地(7箇所)に三成マンホールを設置しました!

ぜひ、石田三成公ゆかりの地を巡りながら三成マンホールを探してみてください!

 

≪三成マンホール設置ポイント≫ ☆スポット名をクリックすると地図へ飛びます。

・己高庵付近(長浜市)

関ヶ原敗戦時、三成公が身を潜めたとされるオトチ岩窟(木之本町古橋)がある地。

・大通寺台所門前通り(長浜市)

秀吉公の長浜城主時代、城下(大通寺付近)に三成公の住居があったとか。

・石田神社付近(長浜市)
三成公生誕の地。石田神社付近にある石田会館は三成が生まれた屋敷跡に建つ。

 

・大原観音寺(米原市)
三成公・秀吉公出会いの地。三献茶の逸話が残る。

・成菩提院(円乗寺)(米原市)
三成公の書状「石田三成十三ヶ条成菩提院村掟」が伝わる。

 

・佐和山城跡麓(東山観光駐車場)(彦根市)
三成公の居城跡。山頂に本丸跡がある。

・彦根駅東口付近(彦根市)
三成公の所領、佐和山の地・彦根。

≪彦根市の観光情報についてはこちらをクリック!≫

 

マンホールコースターの配布について

マンホールコースター表面(3市共通)

この度、マンホールコースターを作成いたしました!

2020年12月14日(月)から、長浜市・米原市・彦根市の「三成めし」販売店舗18店(2020年12月現在)にて、「三成めし」を1点以上含むお会計1回につき、コースターを1枚お渡しさせていただきます。
ぜひこの機会に三成めしをご賞味ください。
※マンホールコースターの配布数には限りがあります。なくなり次第終了です。
※表面のデザインは3市とも同じです。

 

≪マンホールコースター裏面デザインについて≫

・長浜市

石田家の家紋・九曜紋

石田三成公と言えば「大一大万大吉」の印のイメージが強いですが、これは戦の時に使用する旗印であり、家紋として使用されていたのはこの九曜紋であったと言われています。

 

・米原市

三成公の花押

米原市にある成菩提院には、「石田三成十三ヶ条成菩提院村掟」が所蔵されており、その掟の中には、三成公が署名として使用していた「花押」が残されています。

 

・彦根市

三成公の旗印

三成公が使用していたとされる「大一大万大吉」の旗印。

「一人が万人のため、万人が一人のために尽くせば、世の中は幸福になる」という意味が込められていると言われています。

 

 

≪三成めし販売店舗について≫

長浜市・米原市・彦根市の「三成めし」販売店舗18店については、こちらからご確認ください。

 

 

≪お問い合わせ先≫

長浜市 観光振興課(TEL:0749−65−6521)

米原市 シティセールス課(TEL:0749−53−5140)

彦根市 観光交流課(TEL:0749−30−6120)

 

施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください

Copyright 2020 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト All rights reserved.